老眼の治療・二つの外科的手術

加齢によって目の中の水晶体の弾力性が失われ、調節機能が弱まった結果、近くにある本や新聞などに焦点を合わせることが困難になる視覚調節障害が、いわゆる老眼です。
老眼の原因である調整機能の減少は20歳ぐらいから徐々に起こり始めますが、手もとの文字が読みづらくなるのが40歳代ぐらいから60歳代ぐらいまでで、この時点になってようやく老眼を自覚することになります。
もともと水晶体の老化によって起こる現象ですから、症状の回復を図るためには、適切な医療機関で老眼の治療を受けることが必要になります。
老眼の治療は外科的手術に頼ることになりますが、この種の手術として採用されているのが、高周波を用いた伝導性角膜形成術と遠近両用眼内レンズ挿入術の二つです。